アロハ通信~ハワイの反応とニュース2007年11月

ハワイの現地の声と旅情報
News News News
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007/11/16(金)
ハワイデカフェカプチーノという小ぢんまりしたレストランがある。でも、これが割りと日本人リピーターの人気を得ている。

インターネットも使えたり、雑誌は日本の雑誌が置いてあったりで、まさにもう喫茶店状態。

でも、料理が割りと(不思議に)うまい。ハンバーグ弁当なんて、炭火で焼いたような香りのハンバーグだったり、冷やし中華も適当に日本人にぴったりしてたり、カレーやどんぶりもまあ合格点。そして10ドル以下くらいで安く食べられる。

なので、日本人には便利に利用されているのは事実。


そして、このレストランが入っている、リゾートクエストワイキキジョイというホテルも、小さいけれど、まあステレオが各部屋についていたり、ジェットバスもついていたり、それでいてワイキキの目の前、DFSも至近距離、そんな理由でこれも日本人にはとても人気だったりする。

このあたりには結構好きな飲み屋やレストランがあるなあ。でも、最近はこのカフェカプチーノは行ってないかな?





スポンサーサイト
2007/11/15(木)
アラモアナホテルの利用方法


このホテルはやはりワイキキをあまり目指していない人が泊まるホテルです。目の前のアラモアナセンターでのショッピング、ケアモク通りのパンダキュイジーンやべトナム料理の隠れた店を訪れたいとき、アラモアナビーチであのワイキキの喧騒のビーチを逃れてゆっくりしたいとき、ドライブの旅を楽しむのでホテルの場所はどこでもいいとき、などの場合はこのアラモアナホテルが役に立ちます。

部屋は普通の部屋、です。美しさに感動もしなければ、汚くていやだ、ということもないです。なので、単に滞在してホテルライフよりもハワイのアウトドアライフで楽しめる人ならそれでOKのはず。また、このアラモアナホテルの最上階のレストランは、ショットバーとしてもレストランとしても使えます。夜景が滅法きれいで、これなら一流ホテルのレストランに行かなくともここでカップルでもOKの時間を過ごせるはずです。

まあ、割と安いほうのホテルですが、レストランは中華料理もローカルに人気だったり、まあ、使っていて飽きないホテルで不思議です。




2007/11/14(水)
シェラトンワイキキの話


一度、シェラトンで仕事で結構長く泊まったことがある。日本人にはなじみ深いシェラトンワイキキホテル。到着するなり、日本人の観光客の多さに驚くほどの日本人率だけれど、でも、泊まってみると確かにこのホテルは、日本人がすきそうな要素が多い。

まず、部屋がきれいで真正面のオーシャンビュー。そして、部屋によってはくっきりと見えるダイヤモンドヘッド。海に遊ぶカヤックやアウトリガーの姿が優雅そのもの。真っ青な海が出迎える部屋。夜は爽やかな海風にクーラーも要らないほど。

そして、レストランも和食もパシフィックリムの料理もレベルは高く楽しめる。
夜になると、ワイキキでのショッピングいは花盛り。もう滞在中の快適さはこのシェラトンワイキキホテルに泊まるだけでも、相当確保できてしまう。

もちろん、プールもきれいで楽しいし、その先にはプライベート感溢れるビーチ。時期によってはビーチは混んでいるけれど、それを差引いてもこのロケーションでハワイを満喫できるのは嬉しい。

ロイヤルハワイアンショッピングセンターでの買い物や食事も毎日OKだし、ワイキキを歩き流してインターナショナルマーケットプレースやキングズビレッジなどへも徒歩で散策。

お土産もたくさん買っても配送サービスも手配あり、それも便利でいい。

シェラトンやヒルトンハワイアンビレッジはむしろハワイのヘビーなリピーターはだんだん使わなくなるようなイメージもあるけれど、そう断定したくもない。なぜなら、やはりいいホテルだから。もちろん予算との相談は出来るけれど、可能であるなら、こんなホテルでわずか1週間の間でも滞在出来るなら、日本でたまりにたまったストレスも忘れることができそう。

でも、帰国間近になると、また日本の仕事を思い出してストレスに復帰するのはどのホテルでも同じかなあ???

2007/11/13(火)
Wホテルホノルルとニューオータニカイマナビーチホテルハワイ


ワイキキでは遊びたいけれど、ちょっとど真ん中だと疲れるなあ…

そんなときによく利用するのが、Wホテルホノルルニューオータニカイマナビーチです。

この2つとも、ワイキキからは徒歩ではちょっと遠いですが、それでも熱さに負けずにがんばるなら歩いてワイキキへもいけます。
ですが、この2つのロケーションはダイヤモンドヘッドとビーチの両方が楽しめること。そして、Wホテルホノルルはダイヤモンドヘッドグリルというパシフィックリムの料理がなかなか美味なこと、そしてニューオータニカイマナビーチはハウツリーラナイというこれまたハワイの海風にあたりながら楽しむ朝食やランチの贅沢なこと。

夕方はカピオラニ公園でゆっくりとするのもよし、そして、車でドライブに出かけてしまうもよし。この二つのホテルは、割と有名ですが、それほど日本人が多いわけでもないです。Wホテルは斬新なイメージのホテル、そしてニューオータニカイマナビーチは、古きよきハワイを思わせるなにか風情ある感じも残るホテルです。

結構すきですねえ。

2007/11/12(月)
ハワイのイマナステイ(imanasutei)という日本料理のレストランがある。キングストリート沿いにある、ロコには結構有名なレストラン。

なぜ、有名かというと、ほとんど予約なしで入れなく、その予約すらめったにうまくとれないから。

一度だけ、開店したころ行ったことがあるけれど、確かにうまい。けれど、日本の味を知る人間としては上の中か下、といった感じ。
でも現地では大人気。

逆に、いいカジュアルな和食屋のレベルはあまり高くないのがハワイ。だからこのイマナス亭も結構な人気なのかもしれない。


むかし、ワサビ、それに鉄板焼きで有名なタナカオブトーキョー(イリカイホテル)をよく使っていたけれど、どうも最近は行かないなあ。

イリカイホテルもずいぶん変わったらしいけれど。




2007/11/11(日)



実は、かつてハワイで仕事をしていた頃、キムテーラーリースと仲良くなった。知る人も多いかもしれないけれど、彼はフラダンスの写真をつり続けている大家で、世界にファンをもつ才能溢れる写真家。

彼を訪ねてはるばるオアフ島の裏側までしばしば出かけた。そして、話をしては彼らの島での生活に憧れを抱いたものだった。いいひとで、奥さんともしばしば食事を共に楽しんだ。


オアフ島の裏側はいつも楽しい。車でまわって、キムテーラーリースのギャラリーを見て、カフクであの香ばしいエビを屋台で食べて、そして宿はタートルベイリゾートでも宿泊するならもうワイキキとは別世界。

ハワイは場所によってまったく表情がちがうけれど、オアフ島でもここまでワイキキとの差があると、ちょっと旅に出るというより、人里はなれて隠れる、という感じになる。

これもいいハワイなのだけれど。




2007/11/10(土)
ハワイでは、もちろんブランドショッピングも楽しいものだ。普段、日本ではあまり訪れないブランド店を訪ね歩くのもハワイならでは。

アラモアナシャネルだのグッチだのプラダといった先端のブランドを見てのショッピングもいいのだけれど、僕はそこまでブランド追っかけてるわけでもない。

実は、ワイケレにいってブルックスブラザースバナナリパブリックアウトレットショッピングが一番好きだったりする。

ブルックスブラザース、バナリパ、コーチ、リーバイス、そして下手にビタミンワールドで日本じゃ高くて変えないビタミン類のサプリメントを大量に買ったりしてたなあ。エディバウアーもすきだけれど、それだけはアラモアナいかないとないし。

当時は、ハワイプリンスホテルによく泊まってたので、ショッピングして部屋にもどってきて部屋一杯に広げて見るのがまた楽しかった。

いいハワイの思い出だなあ。




2007/11/09(金)
ハワイで、和食を腹いっぱい食べたくなったら行くところ。そのひとつがパシフィックビーチホテル将軍というレストラン。

味は、日本で考えれば普通の味より少しましな程度。でもハワイで、和食で腹いっぱい、という条件となると、ここのランチバイキング程度しかまともなのがない。ようするに、腹いっぱいにするにはここなのだ。

もちろん、普通の料理1品で腹いっぱいになるならどこでもOK。でも、ちょっと大食いだとそうは行かない。なので、この将軍はローカル(ロコ)にもやたら人気がある。和食はロコも好きだし、その上、食べ放題なので、あのポリネシアン系の体つきの連中もこぞってやってくるわけだ。

パシフィックビーチホテルは、水槽のあるレストランも有名で、いいレストランを持っている。決してお洒落なわけでもないけれど、要するに旅行者や大衆には大うけするようなタイプがここの特徴。

ホテルも中級よりちょっと上程度だけれど、オーシャンビューの部屋もしっかりたくさんあって、この料金ならこの滞在は悪くはない。かつて身内を連れて行ったことがあるけれど、親はたいそう喜んでくれて、僕もそれは嬉しかった。

若者同士なら他の選択もあるかもしれないけれど、家族、大人の旅行なら、このパシフィックビーチホテルはOK。そして、泊まってなくとも将軍レストランはいつでも腹の減った連中の味方だ。




2007/11/08(木)
アクアバンブーホテルワイキキは数年前にリノベーションし、ミドルレベルのホテルに生まれ変わりました。それまでは、かなりの低レベルでホテルというより宿、という感じのちょっと泊まるのには勇気も要りそうなホテルだったのを覚えています。


しかし、アクアバンブーホテルになってからは、一応館内もすべてきれいにイメージチェンジされ、ベッドもきれいで中級ホテルとしてはまずまず快適なレベルまではあがりました。


中級といっても、割引料金などを探すと結構安く泊まれたりもしますので、エコノミーなたびをする人には向いています。駐車場がすぐ一杯になるので、その場合は、となりのコンドミニアムの駐車場を利用することになります。まあ、隣ですのでひどく不便はないでしょう。


私はここを利用するときは、ワイキキで長めの滞在をするときは好きです。フードパントリーも目の前で夜中の買出しもOK。そして、結構いいレストランもこのホテルの周りには点在してます。


ハワイも慣れてくると、高級レストランも割りと肩がこりだします。そんなとき、このアクアバンブーホテルあたりに泊まって、まわりのカジュアルレストランで食事でもしていると、初心にもどってハワイを楽しめたりします。それもまた楽しいことです。




2007/11/07(水)




アウトリガー系のホテルは、どれもなんとなく均等にイメージがあって、ないがいいとか悪いとか、というより特徴がないような…。そんなイメージありませんか?

私だけかもしれませんが、どうもアウトリガーのホテルは泊まったときは結構気持ちよく快適でも、思い出に残る(記憶に残る?)ホテルは少ないような気がしています。

しかし、しかしですが、このアウトリガーリーフオンザビーチは、特徴ありです。

隣はハレクラニやヒルトンハワイアンビレッジなども隣接。それでビーチはプライベート感たっぷりの結構すいている状態で快適。部屋からはオーシャンビューというか、オーシャンフロント感で満足。海とダイヤモンドヘッドがばっちり見える部屋も。

そして、レストランはあの有名な?ショアバードレストラン&ビーチバー。これは、自分で焼いて楽しむステーキハウスだけれど、結構おいしいし、楽しい。それで値段も悪いと安い。それでもって、さらに景色が海の目の前でダイヤモンドヘッドもよく見える位置。

最後に、ハレクラニなど同じあたりの位置にあるホテルよりははるかに安いです。これなら満足も多いでしょう。日本人観光客は少なめで、アメリカ本土や他国からの人の方が目に付きます。そのほうが外国気分だ、という人ならなおいいでしょうね。




2007/11/06(火)
オータサンのサイン入りカマカ・ウクレレ


ウクレレ奏者として神様、カリスマ的な人、オータサン。でも本当は優しいハワイの日系人です。そんなオータサンモデルのウクレレが限定で売りに出ています。カマカ社のオーナーのクリスカマカ氏のサイン入りです。

リケリケLike Likeというハワイ専門の輸入業者が扱っていますので、ホームページでご覧になるといいでしょう。今日現在、あと数本しか残っていないようですので、ファンなら急いだほうがよさそうです。


カマカのウクレレの特徴はとにかく音がかわいらしいくらい響きがいいこと。ポロンポロンとハワイの風を感じる音を出します。まず間違いなくハワイファンの心を満たします。値段もそこそこしますが、一生物のピアノなどと同じものです。




2007/11/06(火)
ハワイのブレーカーズホテルに移転した寿司好という寿司屋。これ、うまいです。もちろん、日本にはさらにうまいすし屋もあるかもしれませんが、ハワイでは安いのに上級の味。

スシはいまやハワイではロコでも、元気寿司に通う時代。もうハワイの味としても立派に定着している。そんな中、僕が好きだったのがこの寿司好。ワサビやパシフィックリムの料理店などのような、オリジナリティ溢れる和食屋もあるけれど、本来の寿司はここかなあ?僕は。

かつては韓国人の経営の柳寿司(カピオラニ通り)が有名で、もちろん今も人気のようだけれど、今は僕の心は寿司好かな。こっちは日本人マスターが気さくで親切で、いい人なので通ってしまうのも事実。

キャタピラロールレインボーロールなどの巻物は凄い人気でやはりうまい。ランチのセットメニューは激安だし、この店は和食に枯渇したら使えるはずです。

そのむかしは、アイランドコロニーに泊まりながらはるばる歩いてここまで食べに来ていたことを思い出しますね。




2007/11/06(火)



リゾートクエストワイキキビーチホテルは、正直い申して10年も前は、結構ダサいホテルだった。場所はいいのに、なんともオーシャンビューの部屋でもいまひとつ精彩がなく、暗い感じ。要するに古すぎたのかもしれない。

自分の思い出では、ラナイにきたハトに餌やって楽しんでた事ぐらいしかいい思いでもない?ような気もする。


しかし、このホテルがリゾートクエストに買い取られ、リゾートクエストワイキキビーチホテルに変わってからは、部屋も美しくなり、ほとんどの部屋がオーシャンビューという好立地も生きてきて、やっといいホテルの仲間入りを果たした、と思う。

ワイキキの端に位置するけれど、徒歩でどこにでもいけるし、ビーチは目の前、そしてワイキキの真ん中にあるホテルよりもよほど安めに泊まれる。で、オーシャンビューの部屋が多いことも特徴。

今は、このワイキキビーチホテルは立派なビーチサイドホテルのひとつとなり、まあ、最高級とはいえないまでも、いい滞在はできるいいホテルになったと思います。






2007/11/05(月)
ハワイでいろいろ体験し始まると、へんに好き勝手なランキングをつけてみたくなる。それがハワイでもある。

プールが一番きれいなホテルは?

誰だってハレクラニだのシェラトンだのカハラだの言いたくなるのはよくわかるけれど、ちょっと自分の体験でいくと、コストパフォーマンスで案外ロイヤルガーデンアットワイキキもすでがたい。

小さなホテルでプールも小さいけれど、プールは滝が流れていたりで豪華できれいなのだ。ここでのんびりしていると、本当に時間が止まっているような気になれるワイキキのスポット。カスカーダというパシフィックリム料理のレストランで(今もあるかな?)、食事をしたり飲み物を頼んだりで、プールサイドの美味を楽しむのも好きだった。

ちょっと隠れ家のような場所だけれど、ビーチよりプール派の人(そんな人いるかな?)にはお薦めです。




2007/11/05(月)



アクアマリーナホテルハワイは安いけど使いやすいです。アラモアナに近いエリアですので、あまりワイキキに興味をもたなくなった方々?にはちょうどよく安い滞在が出来ます。高層ビルのようにそびええ立つホテルですので、部屋によっては眺望も非常によく、安いのに快適です。

場所柄、どうしてもワイキキでショッピングをしたいときはバスかタクシーで、または自分のレンタカーでの移動となりますが、逆にアラモアナ派の人ならばここで徒歩圏内です。

滞在自体はシンプルに、という感じですが、ハワイにいることがなにより幸せ!という方々、このアクアマリーナホテルハワイで十分大丈夫です。




2007/11/04(日)



オハナワイキキウェストハワイは、私は1度だけ利用したことがあります。評価は、中の中。まさに、不可はないけど素晴らしくもない、という感じでしょうか。しかし、このロケーションは買いです。なにせ、目の前にフードパントリーやら美味なレストランやらがあって、徒歩圏内で夜中の空腹時も事足ります。

オハナワイキキウエストハワイを利用している私の知人は、このロケーションと便利さに魅了され?ついに完全にここのリピーターと化しています。部屋も適度にきれいで、ロビーも適度に整っていて、それでいてまあまあ安めで、それでいて場所がいい。

ワイキキの真ん中でこのクラスのホテルを探すなら、ここはよいホテルです。まあ、ハワイで部屋がきれいで眺めが素晴らしい、なんていうのはほとんど上級クラスしかなくなりますので、中級ホテルで探すならなにかを捨てないとなりません。

このワイキキウエストは中級のよいホテル、そう思っていれば使っていて不快感もないです。大丈夫、です。

2007/11/03(土)
ワイキキゲートウェイホテルは、どちらかというと(いや、本当に)エコノミーホテルに属する。

正直なところ、リッチなたびをしたいならワイキキでここワイキキゲートウェイを選択する必要はないでしょう。でも、経済的にワイキキを楽しんで、ハワイに染まるならここで全く問題ないです。

玄関はちょっと薄暗くて、ガレージも暗め。到着早々、「ああ、失敗したかなあ?」というイメージになるホテルであることは確か。ですが、泊まるとなってチェックインして部屋にはいるとそうでもない。結構きれいで、PCも備え付けだったり(今もそうかな?)、ラナイは広くないけれど、外を見れば景色もしっかり見えるし。悪くない。

それでいて、すぐ前はワイキキ。歩いてワイキキ観光もOKだし、買い物もブランドショップも多いエリア。

つまるところ、初心者でもリピーターでも、このホテルは使いこなせば居心地よいホテルになります。ハレクラニやサーフライダークラスを探してるなら最初から見当違いですが、ハワイを自分流に楽しめる人ならここは問題なしのと思います。割引予約もできるので私も結構利用中です。




2007/11/02(金)
パゴダホテルというお安めのホテル。
ここは、おそらくはリピーターかハワイのファンで安く上げたい人が使っている可能性が高い。

まず、場所がアラモアナの近くなので、どうしても夜の買い物や歩いてワイキキを散策するのは向いていない。なので、アラモアナ買い物フリークや、車で出かけるのが好きでワイキキにはもうすでに興味ないような人にはこのホテルでOK。安いのでパゴダホテルはそこが利点でしょう。

割引も結構あるので比較して見ると安い部屋も取れます。




2007/11/01(木)
ハワイのホテル、マイレスカイコートに泊まった。
最初は、外観からして高層ビルのようなイメージでどうもしっくりこなかったけれど、泊まってみると、結構使いやすいことが判明。

なにせ、下にフライデーズのレストランがあって、その先にはニックスフィッシュマーケットだのタイ料理のケオスだのもあって、まあ食事状況には悪くない。もちろん、ワイキキは徒歩範囲なので、それで夜も楽しめる。

近くにはブランド店も多いのでショッピングもいいでしょう。そして、クヒオ通りのバスは便利。

まあ、安い料金で予約できるにもかかわらず、部屋もまあまあ。これなら、文句もなしでいいでしょう。ただ、エレベーターが時々混雑してあまり来ないことがあったけれど、これもまあ許容範囲。

ハワイリピーターになって、ホテル以外にもあそびを開拓して行くような人には特にお薦め。節約旅行で、でもワイキキ滞在型の人でもOK。ただ、デラックス滞在を希望する人だけは他を当たりましょう。

僕は好きです、結構。




 | Copyright © アロハ通信~ハワイの反応とニュース All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。